読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生物と無生物

 今更ながら、「生物と無生物のあいだ」を読了。

 

生物と無生物のあいだ (講談社現代新書)

生物と無生物のあいだ (講談社現代新書)

 あまり、自然科学ものというのは、読んだことがなかったのだが、この本はさすがに面白かった。
 これから、自然科学物も、たまには読もうかな。

 ただし、野口英世の発見には、実は誤りが多かったというのは、僕は知らなかったので、ちょっとショックだった。大学時代に読んだ渡部淳一の「遠き落日」には、多いに感動させられたので。(医学部に入り直そうかとまで考えてしまった。)


遠き落日(上) (集英社文庫)

遠き落日(上) (集英社文庫)

遠き落日(下) (集英社文庫)

遠き落日(下) (集英社文庫)