読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仕事でアウトプットするために読んだ本 2016年ベスト10

この記事は、下書きに入れたまま、ずっと忘れてたよ。、、、

 

今年も読書ベスト10を記録しておきたいと思う。

振り返ると、今年は軽い内容の本しか読んでいないような・・・。

いつものことながら、今年読んでいれば、過去に発売された本も含んでいます。

 

ちなみに、昨年はこんな感じでした。

kenog.hatenablog.com

 

 第1位 シリコンバレー式 自分を変える最高の食事

シリコンバレー式 自分を変える最強の食事

シリコンバレー式 自分を変える最強の食事

 

  40歳を過ぎ、体の衰えを感じてきたことから、ここ数年、トレーニングや食事に関心を持っている。著者は、思いつく限りの食事方法を実践したそうで、その中の決定版といえる。著者おすすめのバターコーヒーは自分も早速試してみた。

  Amazonで安いグラスフェッドバターを買い、コーヒーも少し良いものをそろえ、朝食代わりに1ヶ月くらい実践。効果はあったような気がするが、味が好みではなく断念。ただし、ご飯など糖分を控える食生活は継続中。 

 

第2位 不屈の棋士

不屈の棋士 (講談社現代新書)

不屈の棋士 (講談社現代新書)

 

 自分は小学生の頃からの将棋好き。日曜日の午前中にNHKで放送される将棋トーナメントは欠かさず見ていた時期もあった。自分が羽生世代と同じ年代ということもあり、今でもネットでタイトル戦の結果などをチェックしている。

 この本が出た後、例の竜王戦事件が全国的に報道された。数年後は、人工知能のさらなる発達により、 そう遠くない未来に棋士の仕事がなくなるのかもしれないと考えるファンも多いだろう。

 どうやってこの危機を乗り越えていくのか。徹底的に排除するのか、共存するのか、登場する棋士たちの考え方もそれぞれ違っているのが興味深い。でも個人的には、コンピューターの指す将棋は面白くない。差し手に間違いはあっても、もっと人間味のある泥臭い手を指す棋士が出てきてほしいなあ。

 

第3位 人工知能と経済の未来 2030年雇用大崩壊

  著者は、今から約30年後の2045年には、機械に勝利し、仕事をして食べていけるだけの収入を得ることができる人が、全人口の1割程度になってしまう可能性があるという。生活維持のためにベーシックインカム導入の必要性が述べられているが、将棋界のように人工知能の発達による影響は急速に訪れる可能性がある。どのような社会保障制度が必要になるのか、もっと真剣に考えるべき時が来ているのかもしれない。

 

 

 第4位 低欲望社会 「大志なき時代」の新・国富論

 日本では、国民が将来的に不安な状態にあり、身構えてしまっていることから、経済対策の効果が出ていない状況にある。    

 

 第5位 ヒットの崩壊

ヒットの崩壊 (講談社現代新書)

ヒットの崩壊 (講談社現代新書)

 

  定額配信だけでなく、Youtubeなどで無料で音楽を聞くことができるようになっておいることから、これからの音楽産業はCDを売る代わりに、ライブなどの体験を売ることにシフトしていく。

 

 

第6位 渋谷ではたらく社長の告白

 結構、発売されたのは昔ですが、こういう勢いのある本は好き。

 

第7位 キリンビール高知支店の奇跡 勝利の法則は現場で拾え!

  特別なことはせず、当たり前のことをしっかりやることが大切。

 

第8位 職業は武装解除

職業は武装解除 (朝日文庫)

職業は武装解除 (朝日文庫)

 

  武装解除のプロとして活動した体験記。すごい。

 

第9位 図解・気象学入門 原理からわかる雲・雨・気温・風・天気図

  昨年は、北海道にも台風が3つ連続してやってきて、被災地では河川が氾濫するなど、甚大な被害に見舞われた。最近は各地で異常気象が続いている。素人でも、少しは天気の予測ができた方が良さそうだ。この本は、気象学の基本がわかりやすく書かれている良書だと思う。

 

第10位 問題は英国ではない、EUなのだ 21世紀の新・国家論

  イギリスのEU離脱は正解なのか。

しばらくぶりの更新

日ハムやコンサドーレが、まさかのW優勝するという、

スポーツ好きの道民にとっては、たまらない1年でした。

 

ことしは、特にコンサの試合は応援に行ったな~。

ドームではほとんど負けなしだったので、安心して見られたということが大きかった。

お金払ってまで、負け試合は見たくないしね。

 

しかし、札幌は今年は雪が多いし、路面はつるつるだし、例年以上に家にこもって過ごす冬になりそう・・・。

ウクレレ ニューミュージック

 昨日、札幌駅前の島村楽器で発見して、即購入。

子供の頃に聴いた歌って、忘れないんだよね。

心の旅、待つわ、いい日旅立ち、夢の途中、ルビーの指輪愛は勝つ、などなど、おじさんの心をわしづかみにする選曲がたまらない。

アレンジも素晴らしいし。難易度も初心者から中級者向けくらいかな?

クリスマスソングの時期も終わったので、次はこの楽譜でポロン、ポロン練習しよう。

模範演奏CD付 ウクレレ/ニューミュージック ウクレレ1本で奏でる思い出の名曲集

模範演奏CD付 ウクレレ/ニューミュージック ウクレレ1本で奏でる思い出の名曲集

 

 

仕事でアウトプットするために読んだ本 2015年ベスト10

 ここ10年くらい、毎年、100冊は新しい本を読むようにしたが、2015年は、仕事が忙しくなったこともあり、そこまで読んだか、ちょっと微妙なものの、いつも通りベスト10を作成してみました。

 2015年を振り返ると、いわゆる自己啓発本は。あまり読まなかっのだが、これは、やはり自分も40歳代半ばになり、職場や家庭環境も変化したことが原因だと思う。そのかわり、社会情勢や教育、健康、戦争ものなどを結構読んだ。

 また、電子書籍を読む割合が、初めて半分以上を超えた年だった。アマゾンのKindleストアがオープンして数年たつことから、品揃えも充実してきたように思う。

 

 それではベスト10をご紹介。いつもどおり、古い本も混じっていますが、自分が読んだ時期が2015年であれば、OKとしています。

 

 

第1位 日本に巣喰う4つの”怪物”

 国の政策やマスコミ報道をそのまま信じている人は少ないと思うが、この本は、自分の頭で社会情勢を考え、自分なりに判断する際に参考となる。自分の国が置かれている状況をできるだけ客観的に見られるようになることは、どんな職業に就いていても大切なことだよね。

日本に巣喰う4つの“怪物

日本に巣喰う4つの“怪物"

 

 

<関連本> いまだ人間を幸福にしない日本というシステム

 個人的には、カレル・ヴァン・ウォルフレンの著作はどれも面白かった。

いまだ人間を幸福にしない日本というシステム (角川ソフィア文庫)

いまだ人間を幸福にしない日本というシステム (角川ソフィア文庫)

 

 

 第2位  日本のいちばん長い日

 終戦当時の状況がリアルに伝わってくる。戦後70年を迎え、どのようにして戦争が終わったのか、当時の人たちはどのようなことを考えていたのかを知る上で参考となった。

決定版 日本のいちばん長い日 (文春文庫)

決定版 日本のいちばん長い日 (文春文庫)

 

 

 

第3位  ヒロシマ・ノート 

 今年、初めて広島に行く機会があり、あいにくの早朝の大雨の中、原爆ドームを見たが、暗闇の中で被爆当時のまま残されているドームを見ていると、戦争の悲惨さについて考えさせられた。

ヒロシマ・ノート (岩波新書)

ヒロシマ・ノート (岩波新書)

 

 

 第4位 「子供を殺してください」という親たち 

 衝撃的な内容だが、もしかしたら自分の周りにも思い当たる人がいるかもしれない。この先、これ以上救いようのない世の中にならないことを祈りたい。 

「子供を殺してください」という親たち (新潮文庫)

「子供を殺してください」という親たち (新潮文庫)

 

 

 第5位 新・観光立国論

 「おもてなしの国」なんて、脳天気に宣伝しているだけでは、世界的な観光競争には負けてしまう。

デービッド・アトキンソン 新・観光立国論

デービッド・アトキンソン 新・観光立国論

 

 

 第6位 幼年期の終わり

 年末・年始にかけて、Kindleストアで光文社古典新訳文庫がセールをやっていたので、何冊かまとめ買いした中の1冊。人間の幸せとは何なのか、考えさせられる。

幼年期の終わり (光文社古典新訳文庫)

幼年期の終わり (光文社古典新訳文庫)

 

 

<このほかにKindleで購入した光文社古典新訳文庫>

 

 1巻目~4巻目まで購入

カラマーゾフの兄弟1 (光文社古典新訳文庫)

カラマーゾフの兄弟1 (光文社古典新訳文庫)

 

 

夜間飛行 (光文社古典新訳文庫)

夜間飛行 (光文社古典新訳文庫)

 

 

闇の奥 (光文社古典新訳文庫)

闇の奥 (光文社古典新訳文庫)

 

 

老人と海 (光文社古典新訳文庫)

老人と海 (光文社古典新訳文庫)

 

 

 

 第7位 配信の科学者たち 論文捏造はなぜ繰り返されるのか?

 書評サイトhonzで絶賛されていたことから読んでみた。原書は30年以上前に出版された本だが、STAP細胞事件などを見る限りでは、いまでも本質的には変わらない部分があるのかな。きっと、自分の職場も同じ状況なのかもしれないけれど。

背信の科学者たち 論文捏造はなぜ繰り返されるのか?

背信の科学者たち 論文捏造はなぜ繰り返されるのか?

 

 

 第8位 「田宮模型の仕事」

 この本を読んだ後に、お店のおもちゃコーナーを通りかかれば、無性にプラモデルが気になることは間違いない。とにかく著者のプラモデルへの情熱が半端ない。好きなものに打ち込むことの大切さがわかる。

田宮模型の仕事 (文春文庫)

田宮模型の仕事 (文春文庫)

 

 

 第9位 「学力」の経済学

 教育問題は、誰にでも口を出せる分野だが、本書は、数字などにより客観的なデータを根拠に教育論を語る必要性があることを述べており、なるほどという感じ。自分の周りにも、大事なことなのに、客観的な事実ではなく、なんとなく感覚で判断しているものがあるかもしれない。

「学力」の経済学

「学力」の経済学

 

 

  第10位 「いつものパン」があなたを殺す:脳を一生、老化させない食事

 40代の自分にとって、健康問題は大きな問題だ。本書によれば、小麦を食べると体が炎症を起こすらしい。でも、自分としては、美味しいのでパン食がやめられないのが難点だ。

「いつものパン」があなたを殺す: 脳を一生、老化させない食事 (単行本)

「いつものパン」があなたを殺す: 脳を一生、老化させない食事 (単行本)

 

 

 

 

今日のトレーニング

今日は、スマホアプリの「7minute workout」を1セットのみトレーニング。

7分間だけでは、トレーニング量は少ないけれど、一昨日のボーリングの筋肉痛がきつい・・・。でも、トレーニングを始めてから2年が経過したが、ウクレレと同様、よく続いていると思う。久しぶりにあった人からは、間違いなく、「すげー痩せた」と言われる。どんだけ、太ってたんだ、俺。2,3日おきにしかトレーニングしていないけど、運動不足を解消し、少し健康的になるためには、それで十分だと思う。

トレーニング後の栄養補給は、いつものプロテインではなく、気分転換にヨーグルトにしてみた。最近は、プロテイン(ホエイね)も急激に安い製品が出てきたので、経済的に助かる。

 

夏はウクレレでサザンオールスターズ

ウクレレを始めてから、2年がたったわけだが、それまで楽器なんて演奏したことがなかった自分が、よく続いていると思うんだけど、やっぱり音楽って楽しんだ者勝ちなんだと思う。家の隅っこで、子供がテレビを見ている最中などにポロンポロン弾いているので、何も言わないけれど、きっとうるさいと思っているんだろうなー(笑)。

 

最近、暑くなってきたこともあり、気分も新たに新しい楽譜にチャレンジしてます。

模範演奏CD付 ウクレレ・サザンオールスターズ ウクレレ1本で奏でるサザン名曲集

模範演奏CD付 ウクレレ・サザンオールスターズ ウクレレ1本で奏でるサザン名曲集

 

 とりあえず、「真夏の果実」を練習してます。3ページあるので、普通に弾いているとページをめくるのが面倒くさい・・・、ということで、3ページ目をコピーして2ページ目の横にセロテープで留めました。夏が終わるまでに、弾けるようになるかな?

 

 

苗穂でボーリング

苗穂にあるオリンピアボウルでひさしぶりに、ボーリングをしました。小学生以下の子供がいると、激安になることを発見。でも、2ゲームプレイしたら筋肉痛になった・・・。